小児科 すこやかアレルギークリニック

クリニックからのお知らせ

病院からのお知らせ

大きな敵
2019/01/14
勉強会に参加してきました。

メインはぜんそくの発症予防についてでした。講師の先生のお話が結構難しいところもありましたので、全部を理解できた訳ではないのですが、アレルギーというのは一旦始まると、どんどん構築されていくように受け止められました。

まさに、大きな敵に立ち向かっている気分です。それにあらがうなんてとんでもないような気もします(汗)。

でも、日頃から書いているように、早期発見・早期治療しか突破口はないと思っています。

諦めたら、そこで何もかもが終わってしまう訳で、それなりの覚悟が必要のようです。

小児期にぜんそくがあって、アトピー性皮膚炎も合併している患者さんは低年齢から高年齢までいます。あるドクターから、ぜんそくの大きな患者さんがアトピー性皮膚炎も合併している場合、アトピー性皮膚炎の治療はどうなのか?という質問が出ました。

今までは、ぜんそくはぜんそく、アトピーはアトピーと別々に考えられていたように思いますが、ぜんそく治療にとってもアトピー性皮膚炎の治療を行うことが重要だと言われていました。アトピー性皮膚炎の治療は、他のアレルギー疾患へも影響を及ぼしているようです。

休み明けから、“大きな敵”に立ち向かっていかなければならない、そう思っています。

<<前の記事 一覧 次の記事>>