小児科 すこやかアレルギークリニック

クリニックからのお知らせ

病院からのお知らせ

除去が
2019/03/25
食物アレルギーの対応は、2つあると言われています。

1次予防と、2次予防。1次予防は、アトピー性皮膚炎の治療を行い、経皮感作させないことで、2次予防は、残念ながら経皮感作を受けてしまいますが、少しずつ食べさせて食べられるようにするというものです。

多くのケースが、2次予防しかない状態になっているのだろうと思います。なぜなら、1次予防は相当早期の応対が必要だからです。親御さんも医師も、どちらもが食物アレルギーを予防するという目標を持っていて、初めて実現できることだろうと思っています。

これは当院のデータから言えることですが、経皮感作は生後3カ月から起き始めますし、5カ月以降は過半数が感作を受けるに至ります。

ベストは、1次予防ですが、果たして皮膚治療により本当に予防できたのか?。それは誰にも分かりません。かと言って、感作を受けてしまうと、与え方で症状が出てしまいます。

一部の意識の高い人が1次予防をし、他の多くが2次予防という感じなんだろうと思います。既に離乳食で卵を食べて、卵アレルギーを発症している患者さんもいます。それも、“食べて治す”方法が使えますから、作戦としては2次予防ということなのだろうと思っています。

当院で診ている患者さんで、卵を除去している人はほとんどいません。何かしら卵製品を食べさせていますが、最近は年度末なので、食物アレルギーの診断書を求めて受診される患者さんが多く、「あっ、この子はまだ解除できていなかった」と負荷試験を勧めることもあります。

要は、すんなりいく人はどんどん解除できているし、停滞している患者さんもごく一部ながらいるということだろうと思います。中には、手強い患者さんもいることはいます。

卵アレルギーは、冒頭に書いた1次予防、2次予防でほとんどが治ってしまいます。でも、そんな当院であっても治っていない患者さんが一部いらっしゃいます。

多分それって、もともとが極めて重症だったということか、除去を続けていて適切なタイミングで食べさせなかったから、治りづらいということなのだろうと考えています。

食物アレルギーは、いまだに「除去」が基本になているようですが、除去し続けることが、病気を治りづらくしているという側面も大きいのではないかと考えます。

<<前の記事 一覧 次の記事>>