小児科 すこやかアレルギークリニック

クリニックからのお知らせ

病院からのお知らせ

口だけ
2019/04/11
春は出会いと別れの季節です。

転居されて、当院を受診される方も少なくありません。他県から転居され、紹介状を持ってきた患者さんがいました。紹介状には、食物アレルギーがあり、あれもこれも除去していると書いてありました。

どれも負荷試験が必要になります。親御さんは、出汁の負荷試験を優先されたいようです。過去にアナフィラキシー様の症状を起こし、前医から出汁が原因だろうと言われていたそうです。

一般論ですが、魚アレルギーがあっても出汁は摂れることが多いと言います。学校で出汁まで除去していたそうですが、普通なら出汁で負荷試験を行い、出汁が原因ではないと証明してあげるべきだと思います。

そんな確認もなく、アレルギー採血が陽性の食べ物はことごとく除去されていました。田舎の開業医ならともかく、某県某市の市立病院で、小児科医が10人ほどいる大きな病院でした。

小児科のホームページには、「食物負荷試験も行なっている」と書かれていました。「口だけで、全然やっていないじゃん」とつっこみたくなりますたくなります。

病院のホームページって表向きだけで、“自称”ってのが多いですよね?。患者さんのためとか書いていて、利益優先だったり、ガイドラインに沿ってと書いてあって、自分の都合のいいように捻じ曲げた“医療”をしていたり。

日頃、他院で治療を受けていて改善がないため、困り果てて当院を受診されるケースが後を絶ちません。患者側からすれば、すがるしかなく、かかりつけ医に対して全幅の信頼を置いていますが、ことごとく裏切られています。

特にアレルギーに関しては、医師を信用し過ぎることには、問題ありと言いたいと思っています。

<<前の記事 一覧 次の記事>>