小児科 すこやかアレルギークリニック

クリニックからのお知らせ

病院からのお知らせ

別格
2019/04/18
明日は、学会発表のため、休診となります。土曜は診療しますので、よろしくお願いいたします。

毎度のことながら、学会の準備が遅い私です(汗)。今回はポスター発表ですが、今朝スライドが出来上がりました。あとは、セブンイレブンでプリントして、おしまいです。

ポスター発表とは、各発表者に横90センチ、縦180センチのスペースを与えられ、そこに発表内容を示したポスターを貼\り、事前に内容を見られるようにしておきます。そうすると、発表の時間短縮ができるという形です。

発表は大学病院や総合病院がほとんどで、立派なプリンターを持っているので、それこそ横90センチ、縦180センチの用紙1枚に発表スライドをプリントしてくるところが多いです。

私は、スライド1枚分をセブンイレブンで一番大きいサイズの紙にプリントし、それを与えられたスペースに何枚も貼り付けるという格好です。全く問題ありません。費用もトータルで100円×10枚くらいで済みます(笑)。

明日の学会は、日本小児科学会といって、各専門分野の小児科医が集まる祭典って感じでしょうか?。アレルギーに限らず、感染症や腎臓、内分泌、循環器、神経、新生児など多くの発表があります。

私のような開業医は、数人でした。あとは、大学病院や全国のこども病院、総合病院がほとんどです。新潟県は、パラパラ見たところ、新潟大学、新潟市民病院、長岡日赤が複数演題を出していました。あとは1題のみが数施設。

今回驚いたのが、成育医療研究センターがとても多いということ。要は、東京の巨大なこども病院ですから、アレルギーに限らず、各分野の先生が日頃の研究の成果を発表されているのです。

他の大学病院やこども病院の演題数を数えて比較した訳ではありませんが、見かけた頻度は成育医療研究センターが圧倒しているという印象でした。アレルギー科は、大矢先生以下、優秀なスタッフが素晴らしいデータを出して、小児アレルギーの分野に大きく貢献されています。他の分野でも、素晴らしい貢献をしているようです。

明日は、成育さんが出していないような、当院独自のデータも発表予定です。ちなみに、座長といって、私の発表を取り仕切るのは成育の先生です。

成育さんに刺激やヒントをもらいながら、今後も頑張ろうと思っています。

<<前の記事 一覧 次の記事>>