小児科 すこやかアレルギークリニック

クリニックからのお知らせ

病院からのお知らせ

有耶無耶
2019/09/18
今日のタイトルは「うやむや」と読みます。

私も変換してみて知りました(汗)。何がうやむやかというと、これはマズイでしょうというお話です。

先日、食物アレルギーを疑われる患者さんが初診されました。食後に蕁麻疹が出て、ヒューヒューという音も聞こえたようです。

肝心の食事ではいろいろ食べたようですが、前医ではあまり食べていないカニを原因として疑っていたようです。

カニの結果は、クラス0。専門医でもない小児科医から、負荷試験という話も出たようですが、負荷試験をしたくなかったのでしょう。「カニは食べなくてもいいよね」なんて言われ、困り果てて、当院を受診されました。

ここでいくつか言いたいことがあります。カニは、検査0でも症状が出ることがあるし、数字が出ていても食べて何も起きないこともあります。つまり、カニの負荷試験は必須だということです。

ある程度大きくなってくると、食べて辛い思いをするのは自分なので、食べるのを避けるようになりますし、その期間が長いと、除去するのが当たり前になってしまいます。原因ではないものを、ひたすら除去するのは効率が悪い以外の何物でもありません。

問診してみて、食事の中にソバが含まれていました。以前、食べたことがあるということだったので、前医では調べなかったようです。継続的に食べていた訳ではないため、私はソバが原因ということは有り得ると考えています。

今回、ソバが原因で、カニが原因でなければ、患者さんはほどなく、再度アナフィラキシーを起こすことになるでしょう。なぜこんな風になるかと言えば、医師は患者さんのことを親身に考えていないということでしょう。

アナフィラキシーの原因を探すことは重要で、カニの負荷試験をして、何も起きなければ、再度原因探しをしなければならないはずです。ソバが原因かどうか、まだ分かりませんが、「カニが違えば、じゃあ何なんだ?」と原因を追求しなければなりません。

そもそも、アナフィラキシー症状を起こしており、エピペンを携帯させる必要はありますよね?。そういった指導もなく、専門医に紹介することもなく、いい加減な指導が世の中にはびこっているように感じています。

原因が曖昧で、困るのは患者さんです。医師はあまり困りません。有耶無耶にしてはいけないのが患者さんで、有耶無耶にしたがるのが医師というのが現状なんだろうと思います。

園や学校の先生も何を除去していいか分からず、困りますね。アナフィラキシーが起これば、管理が悪いと見られてしまいます。事故を起こしても、医師は非難の対象になりません。

有耶無耶は、こんなところからも来ているのではないでしょうか?。

<<前の記事 一覧 次の記事>>