小児科 すこやかアレルギークリニック

クリニックからのお知らせ

病院からのお知らせ

今年の夏
2020/08/08
8月に入って、梅雨が明けました。

ようやく夏っぽくなりましたが、あと2、3週間もしたら徐々に秋めいてくるものと思われます。

少し前のネットニュースでも言われていましたが、今年は手足口病が極めて少ないのだそうです。ソーシャルディスタンス、手洗いなどの感染症対策が功を奏しているのでしょう。

RSウィルスは、冬の病気ですが、意外と夏にも流行したりします。時々検査していますが、引っかかりません。やはり、感染症は少ないようです。

今年は旅行もできず、帰省すら推奨されない夏です。せめて感染症が少ないのが救いだと思っています。

アレルギーについては、どうでしょうか。私の印象は、イマイチです。

梅雨が明けて、急に夏らしくなり、暑くなりました。その結果、エアコンを使う家庭が増えたようです。ぜんそくのお子さんは、エアコンで気管支が冷やされると、咳が誘発されることがありますが、今年はちょっと多いようです。

また、アトピー性皮膚炎は、汗の影響を受けやすいようです。具体的には、汗をかくこと自体はいいことなのだけれど、汗を放置すると悪化要因になると言われています。今年は急に暑くなったので、ジワリとアトピーの湿疹が悪くなった人が目立ちます。

ということで、ぜんそく、アトピー性皮膚炎ともに、調子の悪いお子さんが例年よりは多いようです。これについても、“風邪”と診断されたり、“汗も”なんて言われて、治療を受けても改善しないケースが目立ちます。

アレルギーは、適切に治療しないとどんどんこじれていきます。要は、治りづらくなり得ます。お子さんを守るのは、親御さんだけです。“風邪”や“汗も”が治りづらければ、アレルギーを疑った方がいいというのが、私からのアドバイスです。

<<前の記事 一覧 次の記事>>