小児科 すこやかアレルギークリニック

病院からのお知らせ

病院からのお知らせ

勉強会のお知らせ(3/28 14時より)
2009/03/11
3月の勉強会のお知らせです。3月28日(土)の14時からを予定しています。

今回は、上越に「ガイドライン」を広めたいというコンセプトのもと、厚生労働省が出している「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン2008」について解説したいと思っています。

当院は開院してから1年半経ちましたが、開院当初はぜんそくの患者さんが多かったのですが、最近は「治療してもらっているが、皮膚が良くならない」というお子さんが多いように思います。また、生後2〜5か月くらいの初めて医療機関を受診するような赤ちゃんも多く、宣伝も何もしていないのに当院を目指して受診して下さっています。

「何で、うちに」とも思いますが、当院はどこよりもキチンと説明し、診断や治療に納得して頂き、しかも皮膚が改善することに重点を置いています。専門的でかつ良心的に医療しているつもりですが、それが評価されているのなら、嬉しいことだと思っています。

慢性の病気なだけに、「うちの子のアトピーをどうか宜しくお願いします」と親御さんから思ってもらえるような信頼関係がなければ、治療させて頂き続けることは困難だと思います。そのためには時間に追われたような短時間の説明では、そういう気は起こらないのだろうと思っています。

いつも言っていることですが、医師の経験や勘に頼った診療はやらない方向に向かっており、日本の第一人者の先生方が勧める標準治療をしなければならないのです。それが普及していないがために、医院によって診断が異なったり、治療方針が違ったりしてしまうのでしょう。

今回の勉強会でお話しする「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン2008」は、アトピーの頻度、治療戦略、診断基準、重症度、悪化因子、日常生活の気をつける点、治療について記されています。親御さん達もご自分のお子さんを守るために、医師に任せっぱなしでなく、「ガイドライン」に沿った診断や治療がなされているのかを確認する必要があります。

当日は、アトピー性皮膚炎に関する「ガイドライン」を解説しますので、一緒に学んでいきましょう。

<<前の記事 一覧 次の記事>>