小児科 すこやかアレルギークリニック

クリニックからのお知らせ

病院からのお知らせ

神出鬼没?
2021/07/08
以前から触れていますが、アトピー性皮膚炎なのにアレルギーが専門でない医師から“乳児湿疹”などと診断されているケースはかなりの数にのぼります。

そのアトピーですが、湿疹がずっとあり続けるという訳ではなく、あったものが消えたりすることもあります。重症であれば、ずっと存在し続けるのでしょうが、一旦消えて、思春期くらいに出てくることもあります。

一旦消えたと思っていても、軽微な症状が出続けることもあります。例えば、秋から冬にかけて湿度が下がると、乾燥するようになります。

多分、「乾燥肌」だと思っているだけで、もともと持っているアトピー性皮膚炎がチラッと見え始めているのだろうと思います。

見ていると、秋から冬の湿度の低下する季節に悪化することが多いのですが、夏にもやや悪化する人もいます。そう「汗」がきっかけになってです。

最近、急に暑くなったせいか、もともと持っているアトピー性皮膚炎が少し悪化して、首や背中、膝裏などを痒がるお子さんも結構見かけます。

保湿剤を出す医師もいますが、アトピー性皮膚炎が悪化しているので、ステロイド軟膏でないと速やかに皮膚の炎症は抑えられないかと考えています。

子どもで皮膚のかゆみや乾燥があれば、医師から診断されていないから、アトピーではないと考えるのはちょっと違うだろうと考えていて、常にアトピー性皮膚炎の存在を疑うべきだと思っています。

<<前の記事 一覧 次の記事>>