小児科 すこやかアレルギークリニック

クリニックからのお知らせ

病院からのお知らせ

バナナ
2021/12/01
当院ではめずらしいのですが、先日バナナの負荷試験が1日に2件ありました。

いずれもバナナが検査陽性。ひとりは食べて赤くなったということでした。もうひとりは検査陽性から摂取を控えていたパターンでした。

検査がクラス2以上だと、食べて症状を起こす可能性もあるので、慎重に行います。「除去」と言っておけば何も起きないため、楽といえば楽でしょうが、食べられるかどうかを判定するのがプロだと思っています。

それと最近特に気をつけていることとして、「負荷試験で辛い思いはさせない」というのがあります。場合によっては食べたくないものを、こちらの提案で食べさせて、辛くさせてしまうのは迷惑をかけることになります。

と同時に、「やっぱり食べられないんだ」と思わせてしまいます。上手に食べられるように持っていくのがプロであり、負荷試験で症状を起こしてしまうのは、負荷試験が上手でないからだと考えています。

当院ではバナナを除去しているお子さんはほとんどいないため、ある意味、食べて当たり前だと思っています。自分のやった負荷試験で食べられない烙印を押してしまうのは忍びありません。

結果、2人ともバナナを1本完食しています。よかった、よかった。

<<前の記事 一覧 次の記事>>