小児科 すこやかアレルギークリニック

クリニックからのお知らせ

病院からのお知らせ

大きなギャップ
2022/07/29
敢えて言うと、アトピー性皮膚炎を軽んじているドクターは少なくないように感じています。

先日、あるお子さんが当院を初診されました。アトピー性皮膚炎だったのですが、手の甲、指は苔癬化していました。

かかりつけの小児科では、「手の湿疹は治らない」と言われていたそうです。

それを聞いて、カチンときました。確かにお子さんの手の湿疹は治りにくいとは思います。手は薬を塗っても、手を洗ったり、物を触るので軟膏が定着しにくいと考えています。

本当に治らないのか?。逆に薬の定着しにくさを考慮に入れて、強めのステロイド軟膏を使う、もしくは1日2回ではなく、もっと回数を多く塗るという戦略を思いつきます。

私の場合は、前者を採用しています。実際、今回の患者さんが再診された際、確認すると皮膚はだいぶ軽快しており、苔癬化もかなり改善していました。治療期間はわずか1週間後です。

親御さんには、前のかかりつけ医の言うことがウソであることを理解していただけたと思います。

本来、病気は自分の手に負えなければ、専門家に紹介し、治療を委ねるのが筋なのですが、アトピー性皮膚炎の専門的な診療をやっていても、当院に紹介されてくることはまずありません。そもそも、アトピー性皮膚炎と診断されていないケースも少なくありません。

多くの医師が「湿疹くらい」と思っているようです。実際、患者さんは困り果てて当院を受診されており、医師と患者さんの病気の捉え方のギャップが大きいように感じます。

現実的には、医師の認識を変えることは、非常に難しいと思います。患者さんが医師を代えることが解決策なのかと、悲しい気持ちになります。

<<前の記事 一覧 次の記事>>